住吉の長屋(大阪市住吉区)(Row House in Sumiyoshi)

住吉の長屋(Row House in Sumiyoshi)

〒558-0045 大阪府大阪市住吉区

こちらは言わずと知れた安藤忠雄の代表作でもある住吉の長屋。

1976年に竣工しているので、もう築40年以上になるというのがオドロキ。

雨が降ってるとトイレに行くのに傘が必要という話は有名ですが、施主さんが下記のように述べてらっしゃるのがとても印象的。

” 光庭を中心として四季の移ろいを肌で感じ、ときに恨めしく、心踊らされ、あるときは格闘を強いられ、あるいは諦めたこともある。生きることに飽きるということがなかった。剥き出しの光庭が安易な利便性を排除することで不便と引き換えに天まで届くような精神的な大黒柱をもらった(建築35年後の2011年に)。”

そんな風に思える住宅ってなかなか無いですよね。

 
スポンサードリンク


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です