横浜地方気象台 (神奈川県横浜市中区)(Yokohama Meteorological Office)

横浜地方気象台 (Yokohama Meteorological Office)

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町99番地

http://www.jma-net.go.jp/yokohama/

こちらは横浜山手にある横浜地方気象台。

地方気象台は主に各府県の県庁所在地に置かれ、その府県内の天気予報や警報、気象・火山観測などを担当する気象庁の地方機関となっています。

そしてこちらの横浜地方気象台はもともと1927年(昭和2年)に完成したものを、2007年、安藤忠雄の設計により既存の本庁舎改修と耐震補強のほか、敷地内に新たに第2庁舎が増築されました。

アールデコ調の既存の本庁舎と増築された第2庁舎の新旧のコントラストが素敵です。(その分、一見すると安藤建築っぽくないところもありますが)




 

 

ロックフィールド玉川ファクトリー (神奈川県川崎市)(Rock Field Tamagawa Factory)

ロックフィールド玉川ファクトリー (Rock Field Tamagawa Factory)

〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地3-12-57

http://www.rockfield.co.jp/company/access/

こちらはお惣菜を作っている会社であるロックフィールドの玉川工場となっています。竣工は2003年11月。

ロックフィールドさんのHPによると、

玉川ファクトリーは、首都圏の店舗へ商品供給を行う拠点としてスタートしました。神戸・静岡から届けられる商品パーツを組み立てて製品化し、朝の品出しのサポート、大型旗艦店のピーク対応など、首都圏店舗のサポートキッチンの役割を果たしてきました。そして現在では、生春巻きのほか揚げ春巻き、キッシュなどの生産機能を充実させています。それに伴い、2015年5月、「玉川SPSファクトリー」から「玉川ファクトリー」へと名称を変更しました。住宅地という周辺環境に配慮し、衛生的で清潔感のあるファクトリーデザインは、「都心の大きな冷蔵庫」をイメージしています。

とのこと。

住宅地であるがゆえ、周辺環境に特別配慮したデザインになっていることにオドロキです。

企業イメージも上がりそうです。

 



アサヒビール神奈川工場 (神奈川県南足柄郡)(factory of Asahi beer)

アサヒビール神奈川工場 (factory of Asahi beer)

〒250-0106 神奈川県南足柄市怒田1223

安藤建築としては数少ない工場モノです。

事前に予約すれば工場の内部を見学をすることができます。

敷地自体が大きく、公園のようになっているので天気の良い日は散歩が気持ち良いです。

https://www.asahibeer.co.jp/brewery/kanagawa/